包茎手術10か月後、縫い目が裂けている

包茎手術10か月後、縫い目が裂けている

包茎手術を上野クリニック広島医院でやった人の話を聞きました。
包茎手術をした後、男性同士で飲みに行くと
下の話になった時、「この人、包茎手術したんじゃない?」
と感じることがあります。
自分が包茎治療を経験してるとピン!と来るようになるんです。

 

 

私は人を見て話しますが、正直に
「俺、ちんちんの皮を切ったことあるんだ」
と話します。
そうすると、ほとんどの人は「へ、包茎を治したんですか?」
と言われます。
私は「うん、包茎手術というやつをやったんだ」
と言います。
そうすると、その人もカミングアウトしてくれます。

 

 

その友人は、上野クリニックでちんちんの皮を切って
10か月経ったところで、今、傷跡の部分が裂けそうになっている
と教えてくれました。
「早く上野クリニックに行った方が良いよ」
と私は言いました。
忙しいのと、もう1回上野クリニック広島に行くのが
面倒と言っていました。

 

 

いやいや、、、

 

 

傷跡は大事な部分だから
しっかり縫い合わせてもらった方がいいでしょう。。。
抜糸が2週間後、そこから9か月くらい経過しているわけだから
状況の変化ということもあるかもしれません。
面倒臭がらずに行った方が良いです。

 

 

後日、彼は上野クリニック広島に行って
再診してもらったとのことです。
もちろん無料です。
塗り薬を塗ってくれてしばらく安静にしていたら
治ったとのことです。

 

 

ホラ、、、

 

 

心配しているより、すぐにお医者さんに
見せた方が早いんですよ。

 

 

こうなったとき、町医者とか他の泌尿器科
に行かない方が良いです。
手術をしてもらったクリニックに行くべきです。
また別に金額がかかりますし
どういう手術したかが分からないからです。
普通、「縫い目が裂けてる」なんて事態にはならないものなのですが
彼のように、もしそうなったら
すぐに手術を受けた医院へ行きましょう!

 

陰部の皮、やっぱり治した方が良いのページに進む


包茎治療をした理由 上野クリニック 料金 包茎手術当日 手術 翌日 手術2週間後