包茎手術体験 2週間後

包茎手術体験 2週間後 抜糸しました

 

1.包茎手術体験 2週間後 抜糸しました

 

術後2週間経ち、
包茎手術当日以来、上野クリニック新宿医院を訪れました。
抜糸は怖くないですよ。
東京上野クリニック新宿で包茎手術体験 2週間後の抜糸

 

今回は緊張せずに、行けました。
私は東京上野クリニックで手術を受けてからも
包茎手術の口コミブログや評判などが気になりインターネットで見ました。

 

 

山の手形成クリニック、東京ノーストクリニックとか他院よりも上野クリニックで本当に良かった感じがしました。
この2週間、手術に痛かったり、傷口が広がるなどの問題がなかったので、満足したからです。

 

 

 

東京上野クリニック新宿医院に到着し、診察券を出して、前回と同様診察室に行き、パンツを脱ぎました。

 

 

私の陰部を見て先生は
「ああ〜、順調ですね。では、抜糸していきますね」と言い、手馴れた感じで抜糸してくれました。
抜糸は痛くありません。

 

 

「順調だからこのまま清潔に、生活してください。
ぶつけたり激しい運動はまだしないでください。
傷口は良い感じで治っています」
と言ってくれました。

 

 

私自身も、傷口はかなりなじんで目立たないようになっているかなと感じていました。
これからもっと目立たなくなってくるとのこと。

 

 

傷口が目立たないというのが美容手術の良いところだと思います。
普通の大学病院や町医者は美容手術ではないから
ツートンカラーになってしまうというんですね。

 

普通の健康保険を使った治療は最低限の治療ですから、見た目にこだわっていないんです。

 

 

最後に「何か心配ごとがあったら、電話でもメールでもください」
と言ってくれました。
本当にありがたく心強く感じました。
これで東京上野クリニック新宿医院に通うのは最後になりました。

 

抜糸コースの長所と短所

 

抜糸コースにするか、溶ける糸コースにするかはカウンセリングの時に決めると良いです。
人によって個人差がありますから。
値段差も少しあります。
プロの先生に診てもらって決めるといいです。

 

抜糸コースの長所は、金額が安いことです。(72,000円〜)

 

溶ける糸のコースは100,000円〜です。

 

それと、包茎手術後にもう一度状態確認をしてもらえることです。

 

糸を外しながら傷痕や皮の余り具合・状態を診てもらうことになるので、とても安心です!

 

短所はもう一度クリニックに行かないといけないこと。忙しい人にとっては面倒です。

 

ですが、今後の機能面のことを考えると大切な問題です。
先生にもう一度診てもらえるというのはとてもありがたいことなのではないでしょうか?

 

 

意外と知られていない盲点

 

 

手術後に大切な点があります。
それは、皮は適度に余っていないといけないという点です。

 

 

どういうことかと言うと・・・

 

いざ女性と行為をする。あるいは一人で行為をする時 こするわけです。
上下運動します。

 

 

この時、皮が余っていなければ上下運動ができないのです。
これは意外な盲点です。
何でもかんでも切り取れば良いというわけではありません。

 

 

上下運動ができないのならば、包茎のままの方が良いですよね。
包茎手術後も上下運動が無理なくできるくらいに皮は適度に余っている必要があるということです。
この点は私たち患者さんも知っていた方が良いです。

 

 

仮性包茎でも真性でもカントンでも
包茎治療は皮は切るけど、適度に余らせることが大事。

 

上野クリニックならその点を分かっているので、
そういう風にメスを入れてくれます。

 

 

東京上野クリニックの技術ですね。

 

 

包茎治療自体の失敗って、切って縫うだけだからあまりないんですよ。

包茎手術の失敗とは、
・皮の余りが少なくて上下運動ができない
・気持ち良いと感じる部分(性感帯)を切り取ってしまった
ということなんですよ。

 

 

包茎手術を失敗したという人は、このことをよく知らない医者に執刀された場合に多いことが調べると分かります。
経験の少ないクリニックは皮を切り過ぎる失敗がある可能性があります。
症例が多いクリニックを探すのは簡単ですが、症例が少ない医院を探すのは逆に難しいですよね。
最初から、包茎専門医で受けるのが安心なのです。

 

 

「包茎手術がどうだったか?は実際の経験者に聞け!」です!

 

>>手術跡を残さないオペ道具・縫合のこだわりのページに進む


包茎治療をした理由 上野クリニック 料金 包茎手術当日 手術 翌日 手術2週間後